ヴィオテラスCセラム 成分

ヴィオテラスCセラムに配合されている成分にはどんな効果があるのか調べてみました。
副作用やアレルギーが心配な方のために、ヴィオテラスCセラムの全成分も転載しておきますね。

 

→ ヴィオテラスCセラム公式サイトで成分を確認

 

 

全成分をまずはチェック

 

ヴィオテラスCセラムの公式サイトでは、しっかりと全成分が公開されています。

 

水、エトキシジグリコール、DPG、3-グリセリルアスコルビン酸、グリセリン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ユビキノン、グレープフルーツ果実油、エチルヘキシルグリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化K

 

こうした成分の働きがあることによって、毛穴やしわ、シミとかくすみなどのトラブル肌の悩みに効果が期待できるんですね。

 

 

ビタミンC誘導体が高濃度10%配合

 

配合成分の中でも特に注目したいものにフューチャーして解説しますね。

 

ヴィオテラスCセラム 成分

 

APPSは最強のビタミンC誘導体

 

ヴィオテラスCセラムに含まれるAPPS(アプレシエ)は全成分表示名称でパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naのこと。

 

APPS(アプレシエ)は最強のビタミンC誘導体と言われている成分です。

 

アプレシエは両親媒性だから水分だけでなく油分にも溶けます。
だからこそ一般的なビタミンC誘導体に比べて100倍肌に染み込みやすいという特性があります。

 


アプレシエ®は、既存のビタミンC誘導体に比べ、皮膚浸透性、ビタミンCへの変換率に優れ、美白効果だけでなく、アンチエイジング(抗シワ)効果も期待できます。

昭和電工株式会社HPからの引用

 

このアプレシエの作用によって毛穴や美白、しわ対策だけでなく、ニキビや色素沈着にも効果が期待できるというわけです。

 

 

保湿型ビタミンC誘導体が肌に潤い保湿

 

3-グリセリルアスコルビン酸と言われる保湿型ビタミンC誘導体。

 

この成分はその名に違わず素肌にしっとりとうるおいを補給して、保湿してくれます。

 

APPSの美白効果にはお呼びませんが、W効果でさらにしっとりもち肌を期待させてくれます。

 

 

コエンザイムQ10は老化予防に

 

ユビキノン=一般的にはコエンザイムQ10とも呼ばれる成分は抗酸化力に優れていて、老化予防やシミに働きかけます。

 

ビタミンC誘導体との相乗効果でシミ&シワ対策に期待がさらに膨らみます。

 

 

副作用やアレルギーの危険性がある成分は不使用

 

ヴィオテラスCセラムには、合成香料や合成着色料、アルコール類やパラベンといった余分な成分は配合されていません。

 

海外性が悪いわけではありませんが、ヴィオテラスCセラムは日本国内製造なので安心感も高いですね。

 

全く副作用がないとか、アレルギーには絶対にならないとは言えませんが、成分的にはそうした危険性はかなり低いです。

 

それでもビタミンC誘導体は一般的な美容液に比べて高濃度配合だから、心配な方は一応パッチテストをしてみるといいかもしれませんね。

 

→ 公式サイトで成分と効果を確認する